履歴書を作る際に | アルバイトか?それとも就職か?これで人生は大きく変わります menu

履歴書を作る際に

グラウンドを見ている女性

アルバイトにしてもなんにしても、どこかで仕事を始める際には必ず履歴書を作ることになります。
場合によってはアルバイト求人の場合提示しなくてもいいことがありますが、一般的にはどこでも必ず履歴書を持参することをいわれるでしょう。
だから今回は履歴書に関することについて色々話していきたいと思います。

まず履歴書というのは絶対に汚くしないようにしてください。
例えばなにかのシミをつけてしまったり、折り曲げてしまったりすることがないようにしましょう。
履歴書を綺麗な状態で面接に持って行くだけでもあなたの印象はだいぶよくなります。

そして履歴書の中身についても、もちろん重要です。
履歴書の中にはもちろん学歴だったり職歴などさまざまな情報を書くことになるでしょう。
ただ人によっては、あまり人に堂々といえるような内容じゃない場合もあるかもしれません。
しかし、だからといって履歴書に嘘の情報を書いてしまうことは絶対にないようにしてください。
嘘というのは意外とすぐにバレてしまいます。
なぜなら、面接官は質問を深く掘り下げることが多いからです。
つまり嘘をつくんだったらどこかで矛盾しないように徹底的に設定を作っておく必要があるでしょう。
そんな手間を取るくらいだったら、他のことでもっとアピールできるようにした方がいいと思います。
嘘をついているとバレてしまったらその時点で終了なので、そんなリスクを背負うくらいならすべて正直に書くようにした方がいいでしょう。

また特技を書く場所があると思いますが、仕事と直接的に関係のないことを書かないようにしてください。
そんなことを書いたところでなんのアピールにもなりません。